当前位置:网站首页 / 全部文章 / 正文

使至塞上翻译作品下载 【资源】青崎有吾-鲜肉月饼推理侦探团

时间:2015年09月24日 | 作者 : admin | 分类 : 全部文章 | 浏览: 351次

作品下载 【资源】青崎有吾-鲜肉月饼推理侦探团马超之歌

青崎有吾灾厄纪元,使至塞上翻译逻辑流大型新人
公众号主页面回复“青崎有吾”获得下载链接
包含:裏染天馬系列
体育馆杀人事件 (民翻:失误小忍)
水族馆杀人事件 (民翻:Kanade)
图书馆杀人事件 (民翻:Kanade)


含完整插图
感谢民翻
不含:
風ヶ丘五十円玉祭りの謎(裏染天馬系列短篇集)
敲响密室之门 (午夜文库)
青崎 有吾(あおさき ゆうご、1991年[1]6月28日[2] - )は、日本の小説家中机六院?推理作家龙娃凤娃。神奈川県横浜市生まれ[3]夜夜破胆。明治大学文学部卒業[4]战天变。在学中は明治大学ミステリ研究会に所属[1]万鳄深渊。
略歴
明治大学に入学後、2作品ほどライトノベル関係の賞に応募するも落選する[3]红楼小婢李岷城。陆雨棠「ライトノベルではなくて、ミステリのほうがいい」と選評に書かれたことから、いつかは応募したいと思っていた鮎川哲也賞に初めて応募する[3]杨德民 。
2012年、『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞して小説家デビュー黑水鸡。同賞史上初の平成生まれの受賞者となった[3]神秘的地洞。授賞式では選考委員を代表して芦辺拓が「『体育館の殺人』は、真正面から本格ミステリに取り組み、それもエラリー三台中学?クイーンばりのロジカルな推理に、堂々と挑戦している点に好感が持てました」と評した[5]杨政道。
2014年、『水族館の殺人』で第14回本格ミステリ大賞(小説部門)の候補作になるuv镜的作用。

推荐您阅读更多有关于“”的文章

文章归档